OB/OG Messages

桐蔭学園高校で全国大会出場を果たした長澤選手(2015年ブルファイト卒団)からの
​ブルファイトへのメッセージを紹介します

2021年春に桐蔭学園高校を卒業した長澤選手がブルファイトのコーチと後輩に挨拶に来てくれました。

長澤選手は桐蔭学園高校でエースナンバー10番を付け、神奈川県大会の決勝戦でもゴールをあげるなど多くの活躍を見せてくれました。

長澤選手プレー.jpg

そんな長澤選手からのインタビューメッセージを紹介します。

・ブルファイトで一番思い出に残っている事は何ですか?

初めて参加した4年生の時の合宿です。最終日のゲーム大会で優勝できて、リフティングボールを貰いました!今も家用で使っています!

・須賀コーチから学んで成長できたことは何でしたか?

たくさんありますが、サッカーの楽しさを教えてくれたことです。今もサッカーを続けているのはサッカーが大好きだからです。ブルファイトがあったからこそ、今の自分があると言っても過言ではありません!

・神奈川県代表校として全国大会のピッチに立った時の感想をお聞かせください

何より嬉しい気持ちでいっぱいでした。それはただ全国大会に出場したことに対してではなく、自分が9年間のサッカー人生で信じて続けてきた練習であったり、貫いてきた信念であったりが認められたような気がしたからです。

・小学校時代にどんな練習をすれば長澤選手みたいになれますか?

トラップ、パス、ドリブルというサッカーの基本動作を徹底して練習し、極めることです。正直、私はサボっていました。というか、基本の重要性をやっと知ったという感じですかね。自分よりサッカーが上手な人は山ほど出会ってきましたが、上手い人ほど基本が徹底されています。小さい頃からの積み重ねが絶対的な技術へと成長していき、絶対的な技術は確かな自信となります。壁に向かってボールを蹴る、そんな練習でもいいです。でもそれをただ壁に向かってボールを蹴ることで終わらせないで下さい。どんな強さで、どこに蹴ったら相手に取られないだろうか!どんな所にボールをトラップしたら次のパスやドリブルがしやすいか!とか自分でよく考えて練習してみて下さい!

 

・勉強とサッカーの両立のコツを教えてください

とにかく目標を高く設定することです。もちろん時間を上手に使うとか効率的な勉強方法とか技は沢山あると思います。でも何より自分の掲げた目標を達成したいという情熱が1番の燃料になって自分を動かしてくれます!少しバカな回答になってしまいましたが、大学受験と高校サッカーという私の実体験を経て、1番感じたことです。是非参考にして下さい!

 

・最後に、ブルファイトの後輩に対して一言お願いします

サッカーを通じて出会えた今の仲間を大切にして欲しいです。これから、私のようにサッカーを続ける人、新しいことに挑戦する人、進む道は人それぞれだと思います。でもこれだけは大切にして欲しいです。それは、また何年後かにこの仲間と出会った時に誇りを持って、自信を持って、「俺、こんなことやってたんだよ!」と、みんなに語れる道を歩んで欲しいということです。仲間の頑張りは、自分の刺激になります。そんな切磋琢磨し合える、最高の仲間になっていって下さい!

長澤選手、熱いメッセージありがとうございました。

​より一層のご活躍を願っております!

長澤選手を指導した須賀コーチからのメッセージ

ブルの時からドリブルが上手く、スピードもあり、シュートも決めるストライカーでした。

​しかし、全国大会に出れるまで成長したのは、誰よりも練習したからだと思います。みんなも負けないくらい練習しよう!!